ビールの原料・ホップを育てよう! 世田谷ホッププロジェクト

世田谷ホッププロジェクトは、2015年より家庭のお庭や畑、空き地などにホップを植えて育てる活動をしています。

夏はグリーンカーテンとして楽しみ、ホップカーテンのある風景が世田谷の夏の風物詩に、そして夏の終わりに収穫した実を持ち寄って、生ホップ仕込みのビールを作っています。

みんなで育てたホップでみんなで作ったビールでの乾杯は格別です。

フレッシュホップ でしか味わえない青々しい爽やかな香りを毎年楽しんでいます。

年々、ホップを育ててみたい、ホッププロジェクトをわが町でもやってみたいと世田谷だけでなく全国にホップの輪が広がっています。

ビールの原材料であるホップを育てることで、クラフトビール文化を日本に根付かせ、みんなで一緒に育てて乾杯することで、ホップから生まれるコミュニティーも育っています。

世田谷から始まったホッププロジェクトですが、世田谷の場所や人に限定していませんのでご興味のある方はどなたでも世田谷ホッププロジェクトの活動にご参加ください。

これからも楽しいホップの輪が広がっていきますように。

※5月1日(火)に会場で苗の配布を少量行う 予定です(生育状態によりご用意できない場合がございます)